You are here

(ウェルスマネジメント)The Future of Active Trading: FX, CFDs, and the Race for Scale and Diversification

(ウェルスマネジメント)The Future of Active Trading: FX, CFDs, and the Race for Scale and Diversification

アクティブ・トレーディングの展望:FX/CFDと規模/多角化に向けた競争

Boston, March 31, 2016 – これまで独自に展開されてきたリテール・トレーディングとリテール投資が統合されつつある。大手のリテールFXブローカーが数年前からCFD(差金決済;Contract For Difference)取引を品揃えに加えることでインデックスCFD取引の人気を取り込み始め、ほかの多くのリテールFXブローカーも遅れまいとしている。一方で先駆的なブローカーは、CFDの品揃えを拡大すると共に株式取引、オートコピー取引、先物・オプション取引に進出している。このように、主要なFX/CFDブローカーは、一段と多くのサービスを提供し、カバー地域を拡大することによって業態を金融サービス会社に変化させている。

リテール・ブローカー・モデルの進化

出所:アイテ・グループ

本稿では、FXとCFDのアクティブ・トレーディングにおける主要な展開にフォーカスし、主要トレーディング・ブローカー8社による、この競争環境の変化への対応を検証した。本稿は、CMC Markets、FXCM、Gain Capital、GMOクリック証券、IG Group、Plus500、Saxo Bank、SBI証券の8社が公表した資料をベースにしている。

本稿は、CMC Markets、DMM.com証券、eToro、FXCM、金融先物取引業協会(日本)、Gain Capital、GMOクリック証券、IG Group、Leucadia National、Oanda、Plus500、Saxo Bank、SBI証券、金融行為監督機構(英国)に言及している。

 

ウェルスマネジメント・サービスのセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents