You are here

(リテール銀行)Business-to-Consumer Disbursements: The Check’s … in the Mail?

(リテール銀行)Business-to-Consumer Disbursements: The Check’s … in the Mail?

1,663人の米国消費者に訊いた、米国のB2Cペイメント市場の状況と規模

Boston, December 3, 2015 – 市場規模が巨大であるにもかかわらず、米国のビジネス・ツー消費者(B2C)向け支払いはデジタル・ペイメントを完全には採用していない最後のセグメントのひとつとして残っている。高コストで、効率が悪い紙ベースの小切手が主要な支払手段として存続していることで、消費者のロイヤリティーを危険にさらし、ミレニアル世代の不満を高めている。

なぜ、この支払手段が生き残っているのだろうか?高コストで(郵便を使うために)消費者の手元に届くまでに時間のかかるの紙ベースの小切手による支払手段は、いつになったらデジタル手段に置き換わるのだろうか?

2014年に、あなた又は家族が以下の支払いを受けましたか? (対象:1,663人の消費者)

出所:アイテ・グループ

本稿では、アイテ・グループが2015年Q2(第2四半期)に1,663人の米国消費者を対象に実施したサーベイをベースに、米国のB2C支払市場の情況と規模を検証した。

 

リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents