You are here

(リテール銀行)Consumer Alternative Lending: Who, What, Where, and Why It Matters

(リテール銀行)Consumer Alternative Lending: Who, What, Where, and Why It Matters

消費者向けオルタナティブ・レンディングは、なぜ重要なのか

Boston, February 18, 2016 – 現在知られている、消費者に向けたオルタナティブ・レンディング(従来とは異なる代替融資)は、それほどユニークなITを使った問題解決手段ではない。米国の金融機関は2016年に融資ポートフォリオに関する多くの課題を抱えているが、十分なサービスを受けてこなかった消費者の金融サービスへの取り込み(financial inclusion)はそのひとつではない。それでも、オルタナティブ・レンダーは同業他社と競合金融機関の消費者に対するローン機会とテクノロジーへの見方を変えさせている。

自動化されたローン組成プロセスの概念

出所:アイテ・グループ

本稿では、消費者向けオルタナティブ・レンディングの市場概況、背景、課題、機会ならびにこの業界が将来的に重要になる理由と展望を提示している。本稿は、米国の銀行、信用組合(CU:Credit Union)、ファイナンス会社の幹部との現在進行形の詳細な議論とインタビューをベースにした分析を含んでいる。

 

リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents