You are here

(リテール銀行)EMV: Issuance Trajectory and Impact on Account Takeover and CNP

(リテール銀行)EMV: Issuance Trajectory and Impact on Account Takeover and CNP

EMVで偽造カード詐欺は減少するが、口座乗っ取り、CNP詐欺、申請詐欺が増加中

Boston, May 5, 2016 – 米国も遂にEMV(ICカード)標準の採用において他のG20諸国の仲間入りを果たしたが、その過程は決して平坦なものではなく、多くのマーチャント(カード加盟店)はいまだにEMVに対応したカード読み取りPOS端末の置き換えプロセスを完了していない。EMVが米国の決済構造の中にゆっくりと浸透している一方で、犯罪者がデータ漏洩からの膨大な量の顧客データを手にしたことによって、金融詐欺・不正が急激な増加を続けている。米国より先にEMVへの移行を完了した諸国からの教訓は、EMV移行が進むに従って、偽造カードを使った詐欺行為が難しくなった分以上に、他の方法での詐欺・不正が増加することを示している。

米国における偽造カード詐欺による損失額の推移 2011年~2020年(予)

単位:10億米ドル

出所:アイテ・グループ

オンライン・セキュリティー/詐欺防止サービスの米iovationをスポンサーとした本稿は、米国のカード発行会社を対象にしたインタビューをベースにしており、金融機関の幹部が自社のEMV移行の進捗状況を同業他社と比較し、また急激に変化する詐欺・不正の環境を理解する上で役立つものである。

 

リテール銀行のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents