You are here

(日本語抄訳付)Analytics Readiness in Insurance: Paving the Path

(日本語抄訳付)Analytics Readiness in Insurance: Paving the Path

アナリティックス機能に関する知識とその需要がなければ、保険会社はアナリティックスの
ブラックホールに落ち込みかねない

Boston, August 17, 2016 – アナリティックスの機能は、セールスを支援し、詐欺を防止し、米国保険会社がめざすカスタマー経験を作ることで、会社の将来の成功を約束する可能性がある。自社を深く観察し、評価することは決して楽な仕事ではないが、アナリティックスで成功するための道筋が正しく設定されているかを一歩下がって見ることは、今日の競争環境では必須である。このイニシアティブに積極的に取り組まない保険会社は後退する。

アナリティックス機能コンティニアム

出所:アイテ・グループ

米国生命保険会社および損保保険会社のエグゼクティブおよび米国ベースのアナリティックステクノロジーベンダー24件のインタビューをもとに、本稿は保険業界におけるアナリティックスの現状を概説する。効率と高いROIを阻むギャップを判明し、アナリティックスプログラムで成功するための組織アーキテクチャーを構築するための基礎を説明する。この準備度モデルは保険会社が置かれている現状を理解し、より高度なアナリティックス機能をうまく使いこなすために必要な変更を知るすることを支援する。

全27ページからなる「インパクト・ノート」には図表6点と計表5点を掲載する。アイテ・グループの生命保険、健康保険、そして損害保険サービスの顧客は本稿をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com
電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本稿では、ProsciおよびTata Consultancy Servicesに言及する。