You are here

(日本語抄訳付)ATM Fraud: Increasingly Organized

(日本語抄訳付)ATM Fraud: Increasingly Organized

ATMの不正利用がグローバルで拡大しており、米国の銀行もマルウェアとハッカーとの闘いに備えざるを得ない。

Boston, November 23, 2016 –

ATMの不正利用が増加傾向にある。マルウェアとサイバースキームを連携させた世界規模の大規模攻撃がみられるようになってきた。米国では、組織化された手口による大規模な被害が生じていないようだが、ATM保護の課題は永遠である。米国の大手銀行は、米国にも起こるであろう新種のATM詐欺から、どのように身を守るべきであろうか?

Q.不正利用の形態が激変:今後3年間に予想される脅威の深刻度(N=63)

出所:アイテ・グループ

本インパクト・ノートは、2016年第4四半期にアイテ・グループが63人の米国金融機関エグゼクティブを対象に行ったサーベイで得た情報を活用し、米国に見られる詐欺の現状と金融機関が備えるべき脅威について探る。

本インパクト・ノートは、16の図表と3つの計表を含む(全24ページ)。アイテ・グループのリテール銀行サービスの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents