You are here

(日本語抄訳付)Buy-Side Trading Technology: 5,000-Foot View of Multi-Asset EMS FX Functionalities

(日本語抄訳付)Buy-Side Trading Technology: 5,000-Foot View of Multi-Asset EMS FX Functionalities

独立系ソフトウェア・ベンダーの電子トレーディング・プラットフォームがFX取引を変革

Boston, October 6, 2016 – セルサイド金融機関がテレックスと電話で為替取引を動かしていた時代は終わり、2000年以降、多数な独立系ソフトウェア・ベンダーが、様々な形態のFX取引ニーズにあわせ、多様な電子トレーディング・プラットフォームを提供してきた。

加えて、グローバル金融危機以降、収益が確保しづらい投資環境下において、バイサイド企業がFX取引を(ヘッジ手段としてだけではなく)アルファを追及するアセット・クラスと見なし始めたことが、FX市場を複雑にしている。

機関投資家(とその資金提供者であるクライアント)にとって、海外投資の為替リスクを管理することがトレーディング部門の基幹業務となり、複雑なトレーディング・プラットフォームを導入するに値することになるだろうか?

法人向けFXトレーディング・テクノロジーの変化

(1970年~2020年以降)

  出所:アイテ・グループ

本レポートでは、最新のフロントオフィスFXアナリティックスおよび電子トレーディング・プラットフォームについて紹介する。これには、2016年1月から5月の間にアイテ・グループが実施した一連のベンダーとのブリーフィング、対面ミーティング、ライブおよびWebExデモで得た情報を活用した。

本レポートでハイライトするプラットフォーム:Bloomberg FXGO, Charles River IMS, FlexTrade FlexFX, ITG Triton EMS, Portware FX, TradingScreen TradeFX。

​本レポートはバイサイド・トレーディング・テクノロジーシリーズ、第二回レポートである。
第一回レポートはこのリンクからダウンロードできる。

本インパクト・レポートは、24の図表と11の計表を含む(全54ページ)。アイテ・グループの証券および投資の顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents