You are here

(日本語抄訳付)Chat Wars, Part One: An Overview of Unstructured Financial Messaging

(日本語抄訳付)Chat Wars, Part One: An Overview of Unstructured Financial Messaging

キャピタル・マーケットで活用されるチャットには、コンプライアンス対応と相互稼動性が追加されてくるだろう

Boston, September 27, 2016 – “チャット”がキャピタル・マーケットで使われ始めたのは1990年代後半であった。しかし、ここ2年間、既存プラットフォームと新規参入サービスの間で“チャット戦争”が激化している。しかも、コンプライアンス部門および規制当局は、フロントオフィスにおけるチャットの使用について検討を始める時期が来たと考え始めている。今行われているチャット・コミュニケーションを見れば、コンプライアンスと規制当局はこの考えに合意するかもしれない。果たして、適切なコンプライアンスのモニタリング、コントロール、そしてガバナンスは、資本市場におけるチャット利用の正当性を確立し、それを維持し続けることができるであろうか?

メッセージフローに見られるチャット
出所:アイテ・グループ

本レポートは、金融サービスに見られるチャットに関する3回シリーズの第一回レポートである。レポートは資本市場におけるチャットの過去、現在、将来を概観するとともに、多くの金融商品の標準的な取引発展におけるチャットの位置づけを考察する。

本レポートは2016年第1四半期から第3四半期にかけてアイテ・グループが市場参加者、電子取引プラットフォームと市場、ベンダーを対象に行った対面ミーティングおよび電話インタビューで獲得した情報を活用している。

本インパクト・ノートは、3つの図表と3つの計表を含む(全28ページ)。アイテ・グループの証券および投資の顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは、Bank of America, Barclays, Bloomberg, BNY Mellon, Chase, Citigroup, CME, Credit Suisse, Deutsche Bank, Facebook, Goldman Sachs, ICE, Line, LiquidityBook, Liquidnet, Markit, Microsoft, Rabobank, RBS, Slack, Symphony, Tencent, Thomson Reuters, Trillian, UBS, Verizon AOL,  Yahooに言及している。