You are here

(日本語抄訳付)Closing the Bindability Gap: Competing With Captives to Provide Real-Time Quotes

(日本語抄訳付)Closing the Bindability Gap: Competing With Captives to Provide Real-Time Quotes

独立系損保代理店やネット保険サイトは、顧客からの問合せ時点で最終的な保険料を提示できる機能を持ち、専属代理店と対抗しなければならない。

Boston, September 28, 2016 – 店頭で商品の代金を支払う際、「値段が決まってから改めてお越しください」と言われたらどうだろう?実は、米国で損害保険に加入しようとする消費者の多くが、このような経験をしている。アイテ・グループでは、その場で保険料が算出できないことを「バインダビリティ・ギャップ」と称している。

保険会社は、正式な保険料を提示するために付保対象を精査する必要がある。一方、独立系保険代理店やネット保険サイトは、保険購入時のエクスペリエンス改善を進めなければならない。テクノロジーはこのバインダビリティ・ギャップを埋め、これら保険代理店の競争力強化に貢献できるであろうか?

購入までの流れ(一般商品と損害保険の比較)

出所:アイテ・グループ

本レポートは業界専門家13人を対象に、2016年7月から9月に実施したインタビューで得た情報に基き、バインダビリティ・ギャップを埋めるために利用可能なテクノロジーを検証し、本テクノロジーの導入過程にあるいくつかの会社を観察する。本レポートではAvyst、 BizInsure、 Bolt Solutions、 Fenris、 Spixxi、 Sure、Trovenのベンダー7社を概観する。

本インパクトノートは、2つの図表と3つの計表を含む。アイテ・グループの損害保険サービスの顧客は本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートではActua, Allianz Accelerator, Amazon, Anthemis, ff Venture Capital, Fosun Kinzon Capital, Gordon Bell, Guidewire, IA Capital Group, Momentum Technology Ltd., Montage Venture, Munich RE, Network of Vertafore Users (NetVu), Oak HC/FT, Platinum and Neurone Ventures, Pivot Investment Partners, Professional Insurance Agents of America (PIAA), State Farm, Suncorp Group、Vertaforenに言及している。