You are here

(日本語抄訳付)Combating False Declines Through Customer Engagement

(日本語抄訳付)Combating False Declines Through Customer Engagement

正常なカード取引が誤って認証エラーとなった場合、低所得者よりも高額所得者の方が、金融機関から離れる傾向が強い

Boston, May 9, 2017 – クレジット・カード支払の際、正常なカードが誤って認証エラーとなる事態は、カード発行会社や加盟店が考えている以上に頻繁に発生している。この結果、収益は失われ消費者も不満を抱いてしまう。テクノロジーによって誤った認証エラーを減らすことができるだろうか? 間違いを減らすために消費者に参画してもらう動機付けは何だろうか?

本レポートは、誤った認証エラーが消費者と金融機関との関係に与える影響について分析する。2017年1月、アイテ・グループは、誤った認証エラーがカスタマー・エクスペリエンスに与える影響について理解を深めるため、米国の消費者1,095名に対して調査を実施した。

本インパクト・レポートは、12の図表と3つの計表を含みます(全19ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents