You are here

(日本語抄訳付)Commercial Card Issuing: Seizing Potential and Taking Charge

(日本語抄訳付)Commercial Card Issuing: Seizing Potential and Taking Charge

多大な手数料収入をもたらす法人カード・ビジネスの推進に、弱気は禁物

Boston, February 14, 2017 – これまで、銀行の法人カード・ビジネスは、高いオファーを受けられることもあり、事業売却の格好の対象と考えられていた。 しかし、法人カードからの収入が増加し、支払い方法も小切手から電子的手段に移行、更にB2Bペイメントのカード受け入れも広がっていることから、法人カード事業への関心が再び高まっている。 ただ、法人カード事業の推進には、行内の様々な組織を積極的に関与させ、テクノロジー、人材確保、変更管理などの面で、多大なる労力が必要となる。

本レポートでは、主要金融機関や大手金融テクノロジー・ベンダーへのインタビューから得られた情報と、アイテ・グループの経験を活用しながら、銀行が新規に法人カード事業に取り組む際、検討すべき要件を考察してみた。

本インパクト・ノートは、4つの図表と3つの計表を含みます(全18ページ)。アイテ・グループのホールセール銀行&ペイメントのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは American Express, AOC Solutions, Bancorp Bank, Bank of America, BMO Harris, Bottomline Technogies, Citibank, Comdata, CSI, Fifth Third, FIS, Fiserv, First Data, HP, JPMorgan, Mastercard, PNC, Spendvision, SunTrust, TSYS, U.S. Bank, Visa, Wells Fargoに言及している。