You are here

(日本語抄訳付)Compensation Management in Wealth Management: Technology Overview

(日本語抄訳付)Compensation Management in Wealth Management: Technology Overview

複雑になるアドバイザー報酬の計算に間違いは許されない

Boston, April 25, 2017 – フィナンシャル・アドバイザーの報酬(コミッション)計算方法は、企業により大きな差異がある。自動化がすすんで人手がほとんどかからない金融機関もあれば、専任者が手作業で対応している企業もある。報酬管理システムは20-30年前から存在しており、大手や中堅の証券会社はベンダー・ソリューションや自社開発のシステムを導入している。最新のソリューションを導入すれば、自動化をよりすすめられるだろうか?

本レポートでは、米国のウェルス・マネジメント企業の報酬管理に関わる主要業務プロセスと、報酬管理ソリューション・ベンダー市場の現状と今後、および、米国で広く活用されているベンダー6社のソリューション(Broadridge Financial Solutions, Castine Consulting, EAI Information Systems, Financial Database Services, jaccomo, and Xtiva Financial Systems)について説明する。これらの内容は、2016年後半に実施した6社へのヒアリングから得た情報に基づいている。

本レポートは、15つの図表と3つの計表を含みます(全35ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートではAmerican Portfolios Financial Services, BBVA, Beta Capital Management, Broadridge Financial Solutions, Castine Consulting, EAI Information Systems, Fieldpoint Private, Financial Database Services, INTL FCStone, Investment Professionals Inc., jaccomo, Kestra Financial, McDonald Partners, Ohio National, Questar Capital, RBC Wealth Management, Webster Bank, Transamerica, and Xtiva Financial Systems.に言及している。