You are here

(日本語抄訳付)Data Management Technology Trends: Law and Reorder

(日本語抄訳付)Data Management Technology Trends: Law and Reorder

規制/顧客ニーズの双方から「透明性」への注目が高まっており、データの重要性が増している

London, 26 January 2017 – キャピタル・マーケットで事業を営む世界中の企業が、わずかな予算でデータの洪水への対処を余儀なくされている。効果的なリスク管理と報告を行うため、データ・アグリゲーションでは、データを一貫した方法で保管し、管理することが必要となるが、これにはオペレーション・サイロと、機能別に特化したデータを総合的に管理するという、非常に困難な業務を実現することでもある。

では、この課題に対して、セルサイド、バイサイド企業はどのようにアプローチし、何を達成しようとしているのか?チーフ・データ・オフィサーはどの程度存在し、彼らはこの問題を十分に扱うことができるのだろうか?

本インパクト・レポートは、規制や市場構造の変化に対応するキャピタル・マーケット企業内のデータ管理担当者が直面する課題と、オポチューニティについて説明する。

本レポートは、グローバル金融機関でデータ管理/ガバナンスに責任を負うオペレーションおよびテクノロジー・エクゼクティブを対象に行った電話インタビューで得た情報を活用している。

本インパクト・レポートは、23の図表と1つの計表を含みます(全38ページ)。アイテ・グループの証券および投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートは Aim Software, Asset Control, Bloomberg, Broadridge, Curium Data Systems, Datactics, Eagle Investment Systems, FactSet, GoldenSource, Innovative Systems, IHS Markit, NeoXam, Orchestra Networks, Rimes Technologies, SAS, SmartStream, SS&C Technologies, Xceptor, Xenomorph Softwareに言及している。