You are here

(日本語抄訳付)Data Management Vendor Technology: Takin' Care of Business

(日本語抄訳付)Data Management Vendor Technology: Takin' Care of Business

データ管理テクノロジー・ソリューションへの投資は、2016年から2020年までに72%増加し、13.3億ドルに達する見込み

London, 26 April 2017 – エンタープライズ・データ管理(EDM)の分野では、従来からあるベンダー企業のM&Aが盛んだが、新規参入ベンダーのソリューションは、アセット・マネジメント業務や証券サービス・プロバイダーなど、キャピタル・マーケットの特定分野に的を絞っている。業界全体でみると、データ管理テクノロジーを購入する際の判断主体は、IT部門単独からビジネス部門やコンプライアンス部門を巻き込むものへと変化しており、ソリューション・ベンダーもプロダクトをその動きに適応させてきた。金融機関がデータ管理テクノロジーへ投資する背景には様々な要因があることから、今後とも多様なソリューションが提供されるだろう。

本レポートでは、データ管理テクノロジーに関する支出動向(現在/今後の予想)を概説し、さらにいくつかの導入事例を紹介する。本レポートは、2016~2017年、金融機関25社の経営層に対して実施した、データ管理/データ・ガバナンス・ベンダーに関するインタビュー調査に基づいている。 本レポートは、18のソリューションについて詳述する (AIM Software, Asset Control, Bloomberg PolarLake, Broadridge, Curium Data Systems, Datactics, Eagle Investment Systems, GoldenSource, Innovative Systems, IHS Markit, NeoXam, Orchestra Networks, RIMES Technologies, SAS, SmartStream, SS&C Technologies, Xceptor, Xenomorph Software)。 本レポートは、2回シリーズの第2回にあたる。第1回レポートは こちら

本インパクト・レポートは、64の図表と4つの計表を含みます(全80ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートでは、AIM Software, Asset Control, Bloomberg PolarLake, Broadridge, Collibra, Curium Data Systems, Datactics, Eagle Investment Systems, GoldenSource, IBM, IHS Markit, Informatica, Innovative Systems, Kuberre Systems, MarkLogic, Microsoft, NeoXam, Oracle, Orchestra Networks, RIMES Technologies, SAP, SAS, SmartStream, SS&C Technologies, State Street, Tibco, Trillium, Wipro, Xceptor, Xenomorph Softwareに言及している。