You are here

(日本語抄訳付)Digital Banking Customer Engagement: Adoption, Usage, and Satisfaction

(日本語抄訳付)Digital Banking Customer Engagement: Adoption, Usage, and Satisfaction

米国におけるデジタル・バンキング・ユーザーの72%は、ミレニアル世代とX世代だ

Boston, August 10, 2017 – 金融機関と信用組合は、デジタル・チャネルにおける顧客エクスペリエンスの向上に尽力してきた。しかし、ここへ来て、金融機関は、顧客がこれらデジタル・バンキングを積極的に使ってくれるのか/満足度は高いのか、という企業戦略としての根本的な課題に直面している。

顧客の利用度合いはどのように変わってきているのか?顧客は満足しているのか?顧客の利用度合いや満足度は、世代や金融機関のタイプ、デジタル・バンキング・ユーザーのタイプによって異なるのだろうか?


本レポートは、変化の速い金融テクノロジーにおいて、米国消費者のデジタル・バンキング・トレンドをより良く理解していただくことを目的としている。本レポートは、2017年1月に、インターネット/モバイル・バンキングを利用する米国の消費者1,095名に対してアイテ・グループの実施した調査から得た情報を活用している。

本インパクト・レポートは、25の図表と4つの計表を含みます(全30ページ)。アイテ・グループのリテール銀行のセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents