You are here

(日本語抄訳付)Digital Person-to-Person Payments in the U.S.: A Strong Growth Game

(日本語抄訳付)Digital Person-to-Person Payments in the U.S.: A Strong Growth Game

金融機関は負け組となる危険性がでてきた

Boston, March 16, 2017 – 過去10年間、オンデマンド社会の拡大や消費者がペイメントに対する管理意識を高めてきたこと、そしてスマートフォンの急速な普及などにより、新しく登場したP2Pペイメントの仕組みが普及してきた。 米国のP2Pペイメント市場は、1.2兆ドルに達したとみられている。既存金融機関とP2Pペイメント・ベンチャーは、テクノロジーを活用することでより使いやすいサービスを考案して激しい競争を展開している。 P2Pペイメント市場規模を考えると、複数の仕組みが普及する可能性も高い。勝者は、P2Pペイメントに「ユビキタスさ」を持ち込んだ企業になるのではないかと思われる。

米国におけるデジタルP2Pペイメント市場に関する2回シリーズの第1冊目となるる本レポートでは、デジタルP2Pペイメント市場の規模を予想し、主な動向を説明する。 レポートは、2016年10月から12月にかけてアイテ・グループが行った大手金融機関およびデジタルP2Pペイメントサービス・ベンダー、23人のエグゼクティブを対象に実施したインタビューで得た情報を活用している。

本レポートは、12の図表と3つの計表を含みます(全29ページ)。アイテ・グループのリテール銀行サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートではThis report mentions Aavamo, Abe.ai, ACI Worldwide, Alibaba, Amazon, Apple, Bank of America, Capital One, Circle, Citibank, clearXchange, Coins.ph, Co-op Financial Services, Dwolla, Early Warning Systems, Facebook, FIS, FirstBank, Fiserv, Frost Bank, Google, Jack Henry, JP Morgan Chase, Kasisto, Korbit, Kore, Mastercard, Moneygram, NACHA, PayPal, Payveris, Remitly, Samsung, Skype, Snapchat, Square, Starbucks, Tencent, The Clearing House (TCH), Tilt, Transferwise, Twitter, Uber, US Bank, Venmo, Visa, Walmart, Wells Fargo, Western Union, WhatsApp, WorldRemit, Xoom, Zelleに言及している。