You are here

(日本語抄訳付)Digital Wallets: Provider Strategies to Meet Customer Requirements

(日本語抄訳付)Digital Wallets: Provider Strategies to Meet Customer Requirements

デジタルウォレット・プロバイダは、非接触型ペイメントの提供にとどまらず、さらなる付加価値の提供が必須

London, 6 September 2016 – ヨーロッパでは、これまで銀行/銀行コンソーシアムが各国内市場向けのデジタルウォレットを提供してきた。しかし、昨今、テクノロジー企業、カード・ブランド、携帯電話会社、小売店などがここに参入しようとしている。既存のデジタルウォレット・プロバイダはこれら新しい市場参入者と互角に戦うことができるだろうか?

デジタルウォレットサービス(ペイメント関連)
出所:アイテ・グループ

本レポートは、アイテ・グループが実施した主要銀行、テクノロジー企業、小売店、業界組織を代表する27人のエグゼクティブとのインタビューから得た情報をもとに、ヨーロッパのデジタルウォレット市場を概観し、カスタマーがデジタルウォレットを利用する主なドライバー、それを受け入れる加盟店の意思決定基準、そしてデジタルウォレット・プロバイダが市場の商機を収入に結び付けるための戦略について説明している。

本インパクト・レポートは7つの図表と4つの計表を含む(全35ページ)。アイテ・グループのリテール銀行およびペイメントの顧客は本稿をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:
鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは、Amazon, Apple, BKM, DNB, Google, Otto Group, Mastercard, NTT Docomo, PayPal, Paysafe Group, Samsung, Seamless, Starbucks, Telenor, Visaについて言及している。