You are here

(日本語抄訳付)DOL Fiduciary Rule: Has the Train Left the Station?

(日本語抄訳付)DOL Fiduciary Rule: Has the Train Left the Station?

フィナンシャル・アドバイザーの業務は、既に変化が始まっていたが、労働省の受託者責任ルールにより、加速化すると思われる。

Boston, November 29, 2016 – 2017年1月に発足する米国の新政権が、労働省の受託者責任ルールの将来を決めるであろう。

これまでの論議により、受託者責任に関する認識が広まった。まず、顧客への説明やアドバイザーの訓練が行われた。業務処理やコンプライアンスの手順が見直され、必要な変更が行われた。新しく必要となるプロダクト・プラットフォームの検討も行われた。

これらを全て元に戻し、既にかかったコストを償却する必要があるのだろうか。そのようなことになったとしても、受託者責任強化とフィーの透明化への動きは、業界の信頼回復に必要なものではなかっただろうか?

Q.業界に見られるフィーベース顧客資産(US$10億)
出所:アイテ・グループ

本レポートは労働省の受託者責任ルールが金融機関とファイナンシャル・アドバイザーにもたらす広範なインパクトを探る。これには、2016年8月から9月にかけてアイテ・グループが実施した、ウェルスマネジメント企業22社といくつかのソフトウェアベンダーに対するインタビューで得た情報を活用した。受益者の利益保護に関連したルールを検証し、コンプライアンス、メトリックス、そしてテクノロジーに焦点を当てたアイテ・グループのコンパニオンレポートはこちらからダウンロード可能。

本インパクト・レポートは、2つの図表と7つの計表を含む(全32ページ)。アイテ・グループのウェルス・マネジメント・サービスの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートは、Advicent Solutions, Appway, Ameriprise Financial, AssetMark, Bank of America Merrill Lynch, BrightScope, Broadridge, Commonwealth Financial Network, Docupace, DTCC, Edward Jones, eMoney Advisor, Envestnet, Yodlee, FeeX, Fiduciary Benchmarks, Financial Database Systems, Fiserv, Foliodynamix, IBM, Impact Financial Systems, JPMorgan Chase, M&O Systems, MoneyGuidePro, Morgan Stanley, Morningstar, NexJ Systems, Nice Actimize, Pershing, PriceMatrix, Raymond James, Redtail Technology, Salesforce.com, SEI Investments, Stifel Financial, Wilshire Funds Management, Xtivaに言及している。