You are here

(日本語抄訳付)Faster Payments: State of the Nation, 2017

(日本語抄訳付)Faster Payments: State of the Nation, 2017

米国におけるファスター・ペイメント(リアルタイム決済)の勢いは本物であり、課題とチャンスの両方を示している

Boston, August 17, 2017 – 米国の金融機関の多くは、ファスター・ペイメント(リアルタイム決済)にまつわるビジネスの波に乗ろうと、顧客やベンダーと共に、取り組みを進めている。その第一歩として、P2Pペイメントの分野では、全米の金融機関がリアルタイム送金/決済を支援する共同サービスを開始している。リアルタイム決済に関するイノベーションは、金融機関やこの領域のベンダーの差別化にどのように役立つだろうか? 一方、企業はこれによりどのような影響を受けるだろうか?

本レポートでは、米国連邦準備銀行やTCH(The Clearing House)、その他多数の決済関係者の動きが、今後、支払い手段/送金方法を劇的に変化させていくかについて考察する。本レポートは、連邦準備銀行のファスター・ペイメント/セキュア・ペイメント・タスクフォース、NACHA(全米自動決済協会)、TCHなどの専門家に対して実施したインタビューの結果をまとめた。

本インパクト・レポートは、3つの図表と3つの計表を含みます(全23ページ)。アイテ・グループのホールセール銀行のセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents