You are here

(日本語抄訳付)Fighting Emerging Fraud Schemes With Data and Artificial Intelligence

(日本語抄訳付)Fighting Emerging Fraud Schemes With Data and Artificial Intelligence

テクノロジーの利用拡大により、不正手段は巧妙化。だが、保険会社もテクノロジーを活用して対抗できる

Boston, July 27, 2017 – 今日、世界各地の損害保険会社が抱える最も重要な課題は、不正行為だ。問題は、金銭的な損失だけでなく、不正行為が絶えず変化し巧妙化しているからだ。保険会社が不正に対抗し続けるには、常に適切なテクノロジーを導入し、活用していかなければならない。

本レポートは、保険会社が概して直面する不正パターンと、これに対抗する各社の最新テクノロジーを取り上げる。: BAE Systems, Click-Ins, Digital Recognition Network, DXC Technology, FICO, Friss, Futusome, Giact, Infinilytics, Intellect Seec, iovation, LexisNexis Risk Solutions, RSA, SAS, SmartContract, Synectics, ThreatMetrix, TransUnion。執筆にあたっては、2017年3月から6月にかけ、保険会社の実務担当者およびテクノロジー・ベンダーのイノベーターら26名に対して実施したインタビューで得た情報を参考にしている。

本インパクト・レポートは、1つの図表と2つの計表を含みます(全42ページ)。アイテ・グループの損害保険サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents