You are here

(日本語抄訳付)Institutional Portfolio Systems: 2016 Update

(日本語抄訳付)Institutional Portfolio Systems: 2016 Update

機関投資家が利用するポートフォリオ・システムは、多用な投資戦略/アセット・クラスへの対応を強化している。ユーザーはクラウド環境の活用と価格競争の利点も享受し始めた

Boston, September 13, 2016 – グローバルでの総運用資産額は63兆ドルに達するが、この資産の管理には、ポートフォリオ・システムが活用されている。ポートフォリオ・システムは、アセット・マネジメント企業のインフラであり、多くの機能を持つ統合データ・ベースでもある。昨今、その機能はますます強化され、アセット・マネジメント企業は、より多様なプロダクト・タイプを管理できるようになった。

クラウドベース・ポートフォリオ・システムの発展

出所:アイテ・グループ

本レポートでは、重要なテクノロジー領域であるポートフォリオ・システムに関する過去、現在、そして将来に至る動向を説明する。これには、2016年にアイテ・グループが実施した、資産運用業界で活躍するポートフォリオ管理・会計システム・ベンダー35社以上の戦略担当スタッフ、プロダクト・マネージャー、実装担当者、セールス・マネージャーに対するインタビューで得た情報を活用した。

本インパクト・レポートは、5つの図表と3つの計表を含む(全32ページ)。アイテ・グループの証券および投資、そしてウェルス・マネジメントの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは、Backstop Solutions, Black Mountain, Bloomberg, BNY Mellon’s Nexen, Bravura, Broadridge (Paladyne/QED), ERI Bancaire, Calypso, Clearwater Analytics, ClearStructure, Eze Software, Equipos, Enfusion, HedgeGuard, FactSet Code Red, Imagine Software, Indata, InvestSoft Technology, Linedata, MetricStream, Misys, Murex, Narrative Science, OpenLink Financial, Pacific Fund Systems, NeoXam, NRI, Milestone Group, Eagle Investment, FIS SunGard, SimCorp, State Street GX, S&S Technologies, Vidrio Financial, Temenos, Varden, Vermillion, VestServe, TradingScreen,  Xnetに言及している。