You are here

(日本語抄訳付)Investment Research Unbundling: Implications for the Sell-Side

(日本語抄訳付)Investment Research Unbundling: Implications for the Sell-Side

MiFID IIアンバンドリング規定により、証券会社は調査部門をプロフィット・センター化する必要が出てくるだろう

Boston, July 20, 2017 – EUの第二次金融商品市場指令(MiFID II)の中でも、リサーチ・アンバンドリング規制は、証券会社に対して提供する取引執行手数料とリサーチ関連サービス料金の明確な分離を求めている。従来、投資リサーチは、証券会社のコスト・センターと見なされ、取引のコミッションに付帯するものであった。グローバル規模の大手証券会社は、今後、アンバンドリング規制に沿うよう、自社のビジネス・モデルをどのように調整していくのだろうか?

本レポートは、2017年の第1・第2四半期に、アイテ・グループがグローバル/地域のバイサイド企業、ブローカー、独立系リサーチ・プロバイダー、ベンダーに対して実施したインタビューに基づいている。本レポートは、EUのアンバンドリング規制に対する捕らえ方を概説し、さらに、投資リサーチ業界およびセルサイド企業に対する影響について考察する。本レポートは、2回連載の第2回である(第1回はこちら)。

本インパクト・レポートは、7つの図表と6つの計表を含みます(全36ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、7Park Data, Accern, Airex Market, Alphametry, AlphaSense, AnalytixInsight, Bloomberg, Castine, Commcise, Connotate, CorporateAccessNetwork, Cowen Convergex, Dealogic, Eagle Alpha, ERIC: Electronic Research Interchange, Estimize, ExtractAlpha, FactSet, FeedStock, FinStats, HedgeChatter, IBES, ICE, LSE, IHS Markit, Instinet, ITG, KCG, Kuberre Systems, Liquidnet, Market Prophit, Meetyl, Morningstar, Premise Data, RavenPack Partners, Research Tree, ResearchPool, RS Metrics, RSRCHXchange, Seed Alpha, Smartkarma, SpaceNow, Substantive Research, Thinknum, Thomson Reuters, Visible Alpha ONEaccess, WeConveneに言及している。