You are here

(日本語抄訳付)Legitimatizing Alternative Data/Analytics: A Consumer Credit Market Overview

(日本語抄訳付)Legitimatizing Alternative Data/Analytics: A Consumer Credit Market Overview

金融機関はデータ購入とアナリティックス活用にIT予算を増額

Boston, January 18, 2017 – 2010年以降、米国金融機関は、消費者ローン・ビジネスの拡大を目指し、与信の決定基準拡張を模索している。現在、金融機関のIT予算は増加傾向であるが、これには、データとアナリティックスへの投資増も反映されている。ここでいうデータとは、新しい基準の信用度評価や属性の設定に役立つオルタナティブ・データである。

2017年から2018年に計画されているリテール向け信用データとアナリティックスへの投資は、ローン見込み客の対象を拡張しつつ、コスト削減、プロセスの簡素化、不正リスクの緩和を確保できるだろうか?

アイテ・グループでは、銀行、クレジット・ユニオン、ファイナンス企業と、常時詳細なディスカッションをおこなっており、本レポートはそこで得た情報を活用し、消費者ローンの提供とオペレーション・リスク管理におけるオルタナティブ・データとアナリティックスの効果的な活用方策の進展を詳細に説明する。

許容内のリスク・プロファイルなのに、従来手法では評価できない借り手を見出したい金融機関にとって、今後必要となる機能を解説するとともに、ベンダーと金融機関にオルタナティブ・データの可能性(新しい顧客をみつけ、利益率を確保し、満足度を与える等)についても概説する。

本インパクト・レポートは、10の図表と1つの計表を含みます(全34ページ)。アイテ・グループのリテール銀行&ペイメントサービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートは Early Warning, Envestnet Yodlee, Equifax, Experian, FICO, ID Analytics, LexisNexis Risk Solutions, Narrative Science, TransUnionに言及する。