You are here

(日本語抄訳付)Life Insurance Policy Administration Systems: An EMEA View

(日本語抄訳付)Life Insurance Policy Administration Systems: An EMEA View

EMEA市場でPASを提供するベンダーは、保険会社がコスト削減を求めていることを認識し、プロセス自動化ツールを開発した

Boston, April 5, 2017 – 欧州・中東・アフリカ地域 (以下EMEA) の生命保険会社は、レガシーシステム の制約により、デジタル化を求める消費者や代理店のニーズに応えきれずにいる。 時代の変化に素早く対応できない保険会社は、自滅の道をたどる可能性がある一方、高度な保険契約管理システム(PAS: Policy Administration System)に投資した保険会社は、こうした課題を迅速に克服していくことだろう。 EMEA市場において、どのようなPASが利用可能であり、それらを利用すると事業目標や業務プロセスがどのように改善されるのか、生命保険会社はまだ全貌を理解していないようにも思われる。

本インパクト・レポートでは、アイテ・インパクト・マトリックス (AIM: Aite Group独自のベンダー評価フレームワーク) を活用して、EMEA地域で利用可能な、PASベンダー17社の競争力全般について評価した。 対象ベンダーは、 Aetins, Ai-London, Aquila Heywood, Comarch, Computer Sciences Corporation (CSC), Coopengo, EXL, FIS, Gratex, Majesco, msg life, Oracle, RGI, Sapiens, Tata Consultancy Services (TCS), Vermeg, Wyde。 本調査は、EMEAの保険会社に勤めるIT幹部およびEMEAで生命保険PASサービスを現在提供しているテクノロジー・ベンダーを対象に実施した42回のインタビューに基づいている。

本インパクト・レポートは、15の図表と10つの計表を含みます(全44ページ)。アイテ・グループの生命保険サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents