You are here

(日本語抄訳付)Life Insurance: From Simplified to Accelerated Underwriting

(日本語抄訳付)Life Insurance: From Simplified to Accelerated Underwriting

引受のスピードアップのため、新技術、データ、統計、業務プロセスが利用可能になってきた

Boston, November 9, 2016 – 消費者は、これまで生命保険は高すぎると考えており、かつ、申込書の承認に時間がかかりすぎるとの不満を持っていた

生保業界では、価格は割高だが、短時間で引受判断を行う商品の提供を開始している。このような商品は、代理店を介さず健康診断も不要だが、保険会社は、データ/モデル/ツール/テクノロジーを使い、リスクをより正確に評価できる。

現行引受けプロセス
出所:アイテ・グループ

本レポートは、データ主体の高速プロセスを使い、生命保険が引受プロセスを簡素化するために利用できる新しいテクノロジー、プロセス、ツールのいくつかを紹介する。これには様々な開発段階にある生命保険会社、再保険会社、ベンダーの26人のエグゼクティブに対して行ったインタビューで得た情報を活用している。

レポートでハイライトされているベンダー:Carpe Data, Deloitte, Force Diagnostics, Haven Life, Human API, Human Longevity Inc., Intellect Design Arena, Ladder Life, Lapetus Solutions Inc., LexisNexis Risk Solutions, Quantifyle, Reinsurance Group of America (RGA), TransUnion, Validic

本インパクト・レポートは、3つの図表と4つの計表を含む(全40ページ)。アイテ・グループの生命保険サービスの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートではCerner, Cor, Hanover Re, Resonant, Sapiens, Step Solutions, Swiss Re,  Synodexに言及している。