You are here

(日本語抄訳付)Location Intelligence in Insurance

(日本語抄訳付)Location Intelligence in Insurance

ロケーション・インテリジェンス・ソリューションは、ここ数年のうちに、住宅火災保険の引受けを含むいくつか分野で非常に大きな影響を及ぼすだろう

Boston, August 15, 2017 – ロケーション・インテリジェンスの重要性、つまり、地球上の正確な位置と結びついた知見を生み出す能力は、保険分野においては新しいものではない。しかし、インシュアテック企業への投資の高まりや、データ収集における進歩、新技術の登場などにより、保険会社にとって新たなビジネス・チャンスが生まれている。多くの保険会社にとって、ロケーション・インテリジェンスへの取組みを強化することは、デジタル・トランスフォメーションの過程において、重要な節目となるだろう。本レポートは、保険業界向けベンダーの競合状況をご理解いただくことを目的として執筆した。

本レポートでは、保険分野におけるロケーション・インテリジェンスについて、鍵となる動向を明らかにしていく。また、様々なロケーション・インテリジェンス・データやソフトウェア・ソリューションを用いながら、保険業界向けのベンダー27社について特集していく(AND Automotive Navigation Data, BetterView, BuildFax, Cape Analytics, Carto, Converge, Delos, Digital Map Products, EagleView, Environics Analytics, Esri, Guidewire, HazardHub, Here, Hover, Korem, LexisNexis Risk Solutions, Loveland Innovations, Pitney Bowes, PrecisionHawk, RCG Global Services, Skyglyph, SpatialKey, Tableau, Tnedicca, TomTom, Verisk Analytics)。

本レポートは、2017年2月~6月にかけて、北米・欧州の保険会社と保険業界向けのテクノロジー・ベンダーの経営層42人に対して実施したインタビューから得た情報を活用している。

本インパクト・レポートは、37の図表と1つの計表を含みます(全87ページ)。アイテ・グループの損害/生命/医療保険サービスセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、Accenture, AIR Worldwide, Airware, Alphabet's Google, Ambiental, Aon, Apple, CGI, Cognizant, con terra, CoreLogic, Cyclomedia, Daimler, Deloitte, Digital Globe, DJI, DMTI Spatial, DroneDeploy, EIS, EuroTempest, Experian, Gfk, GoFigure, Guy Carpenter, Hexagon, IHS Markit, KATRisk, Kespry, LiveGenic, Location Inc., Lockheed Martin, MapBox, Mapquest, Meteo France, Minova Insurance Group’s BMS, Munich Re, Nearmap, OmniEarth, OpenStreetMap, Opta Information Intelligence, Pictometry, Qlick, RedZone, RELX Group, RMS, Spike Measurement, Swiss Re, Symbility, Telefonica, Trulia, Vizzion Traffic Camera Solutions, Vodafone, Willis Towers Watson, Xactware, Zillowに言及している。