You are here

(日本語抄訳付)New Alternative Data and Tech Tools Energize Consumer Lending: The Race Is On

(日本語抄訳付)New Alternative Data and Tech Tools Energize Consumer Lending: The Race Is On

融資事業向け分析ツールの活用は、金融イノベーションの切り札となるか?

Boston, March 28, 2017 – 米国での融資事業環境は、2017年初頭より改善の兆しを見せている。米国の金融機関や融資会社は、資金やIT予算の制約から解放され、本来のリテール融資ビジネスに戻っていくだろう。 2016年、融資会社大手の75%が、ローンの獲得や承認プロセスに非伝統的なデータを活用したとしており、これは融資市場の活性化を示す証拠と考えられる。金融機関とオンライン・レンダーは、金融口座や取引データのような代替データ・ソースが融資判断に付加価値を与えると考えているようだ。

本レポートは、2回に分けて連載したシリーズの第2回にあたる。 ここでは、金融機関がポートフォリオ・リスクや業績を分析・設計・差別化するのを可能にし、リテール金融事業に長期的なインパクトを与える新たなツールに目を向け、ベンダー6社 (eCredable、Equifax、Experian、FICO、RevolutionCredit、TransUnion)のプロファイルをご紹介する。 このレポートをまとめるにあたっては、アイテ・グループが33社を対象に実施した継続的・綿密な意見交換およびインタビューから得た情報を分析している。  対象となったのは、オルタナティブ・レンダー、ソリューション・ベンダー、および、リテール融資事業の残高が大きい金融機関(銀行/信用組合/融資会社等)の経営者層である。シリーズ第1回レポートはこちらを参照いただける。

本インパクト・ノートは、8の図表と5つの計表を含みます(全27ページ)。 アイテ・グループのリテール銀行&ペイメントサービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents