You are here

(日本語抄訳付)New DDA Strategies: Balancing Risk and Regulators

(日本語抄訳付)New DDA Strategies: Balancing Risk and Regulators

新規口座開設データの活用でセカンドチャンス口座適確顧客などを掘り起こす

Boston, August 2, 2016 –  米国では最近の不況で銀行預金者の信用が大幅に悪化し、小切手口座で不渡りを出した場合、直ちに業界の関係データベースに名前が登録されてしまう。だが監督当局が大手銀行に対して強く勧告していることは、このようなデータベースだけを参考にして新規口座開設を拒否する事例は減らすか、できれば完全になくすというものだ。では、金融機関はどうすれば当局の期待に応えながら、他方で要求払預金口座ポートフォリオのリスクを効果的にバランスすることができるだろうか。

Q: 口座不正利用防止のための口座開設適格性に関し貴行は

現行方針の見直しを計画していますか N=69)

出所:アイテ・グループ

本調査は新規口座開設の際に金融機関が秤にかけなければならないリスクと、消費者を金融へのアクセスから排除する業界データベースに関する当局の懸念とを考察する。アイテ・グループが金融機関のエグゼクティブ69人を対象に行ったオンライン調査に基づく本稿は金融機関が新規口座および商品設定の戦略をどのように展開しようとしているかを明らかにする。

29ページからなるインパクト・ノートには図表25点を掲載する。アイテ・グループのリテール銀行およびペイメントサービスの顧客は本稿をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本稿にはCapital One, the Consumer Financial Protection Bureau, and JP Morgan Chaseが言及されている。