You are here

(日本語抄訳付)PSD2 Regulatory Technical Standards: Content and Market Impact

(日本語抄訳付)PSD2 Regulatory Technical Standards: Content and Market Impact

銀行は、Webサイトやモバイル・バンキングの仕組みがPSD2規制技術基準の要件に合致しているかどうか、再確認する必要がある

London, 19 April 2017 – 欧州決済サービス指令改訂版(PSD2) は、1年以上前に公布されたが、市場は同法施行に関する詳細について、欧州銀行監督機構 (EBA: European Banking Authority) の定めた「規制技術基準」 (RTS: Regulatory Technical Standards) がまとまるのを待たなければならなかった。先ごろEBAは、「確実な本人認証」 (SCA: Strong Customer Authentication) と「安全な通信」 (Secure communication) に関するRTS最終報告書(案) を公表した。本報告書は、早ければ2018年10月に施行予定だ。RTSが、オンライン・バンキングやEコマース分野で、既存の市場慣行に対して与える多大な影響とは何だろうか?

本レポートは、銀行、カード・ネットワーク、金融サービス・プロバイダー、業界団体、コンサルティング会社の経営層に対して実施したインタビューに基づいている。 本レポートは、「確実な本人認証」および「安全な通信」に関する規制技術基準 (RTS) に関して考察し、欧州決済市場への経済的影響について分析する。

本レポートは、2つの図表と3つの計表を含みます(全20ページ)。アイテ・グループのリテール銀行およびペイメントサービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents