You are here

(日本語抄訳付)Quality Control: Trade Reporting and the Global Standardization of Derivatives Data

(日本語抄訳付)Quality Control: Trade Reporting and the Global Standardization of Derivatives Data

調査回答者の多くが、取引報告に関する「データの質」を最大の課題と指摘

London, 15 November 2016 – デリバティブ取引に関する当局報告が義務付けられて以来、米国では4年が、欧州では2年が経過した。規制当局が報告の内容を頻繁に変更することから、金融機関とトレード・レポジトリー機構は多忙を極めており、グローバル全体では報告要件が非常に複雑化してしまった。金融業界と規制当局は、これまでの経緯から何を学び、今後どこに注力していくべきであろうか?

取引報告に関する最大の課題(N=18)
出所:アイテ・グループ

本レポートでは、変化を続ける当局規制の現状を報告するとともに、グローバル・デリバティブ市場の参加者が直面する課題、集中データベースに対するデリバティブ取引データに関する報告に言及する。

本レポートは、2016年第1、第2四半期、アイテ・グループが20の大手市場参加者を対象に実施した電話インタビューで獲得した情報を活用している。

本インパクト・レポートは、32の図表含む(全41ページ)。アイテ・グループの証券および投資サービスの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents