You are here

(日本語抄訳付)Securities Lending: Technology Overview

(日本語抄訳付)Securities Lending: Technology Overview

有価証券貸付市場におけるベンダー・ソリューションへの支出は、2020年には3億ドルにまで増加すると予想される

Boston, March 30, 2017 – GC取引 (非特定銘柄取引) による有価証券貸付は、ほぼ自動化されてきたが、借入が難しい有価証券の取引には、いまだに電話やメール、チャットが使われている。 まもなく成立する規制では、有価証券貸付にかかわる企業への基準が引き上げられる予定であり、中央清算機関(CCP)を経由する三者間取引でも、システム接続ややりとりの標準化が必要となるだろう。 このような要因から、世界中の企業は、現行システムの見直しを迫られている。レガシー・システムの合理化、コスト削減、オペレーショナル・リスク・プロファイルを改善することで、有価証券貸付や有価証券金融業務に俯瞰的でリアルタイムな視点を持ち込むことが必要となっている。

本レポートでは、有価証券貸付ソリューション向けベンダーの状況を概観し、有価証券貸付ソリューションに関わるユーザー動向、プロジェクトへの支出について考察する。 さらに、有価証券貸付ベンダー8社(Broadridge, EquiLend, FIS, Helix Financial Systems, IHS Markit, ION Trading, Stonewain, Trading Apps)の概要を説明する。 本レポートは、有価証券貸付に関し3回にわたり連載しているシリーズの第2回にあたる。 第1回レポートはこちら。 本レポートは、2016年第4四半期に有価証券貸付のテクノロジー・プロバイダー8社に対して実施したインタビューと、プラットフォーム機能についてのデモンストレーションに基づいている。

本インパクト・レポートは、23の図表と5つの計表を含みます(全37ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービス、または、ウェルスマネジメント・サービスのセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートでは ABN Amro, Bank of America Merrill Lynch, Barclays Capital, BlackRock, Broadridge, Cantor Fitzgerald, Credit Suisse, EquiLend, Eurex, FIS, Goldman Sachs, Helix Financial Systems, IHS Markit, ION Trading, J.P. Morgan Chase, J.P. Morgan Clearing, Lombard Risk, Mizuho Securities (U.S.), Morgan Stanley, Northern Trust, Options Clearing Corporation (OCC), Pirum, Societe Generale, Softek, SS&C, State Street, Stonewain, SWIFT, The Depository Trust & Clearing Corporation (DTCC), Trading Apps, UBS, U.S. Bank, Wedbush Securities, Wells Fargoに言及している。