You are here

(日本語抄訳付)SMB Lending: Spotting the Holy Grail Applicant

(日本語抄訳付)SMB Lending: Spotting the Holy Grail Applicant

2年に一回程度しかローンを申請しないスモール・ビジネスには、共通した特徴がある可能性が高く、金融機関はそれに注目すべきである

Boston, February 22, 2017 – 米国のスモール・ビジネス貸付市場では、見込み客に関する情報を多く把握している金融機関が、低いローン・ポートロフィオ・リスクと優良顧客を多数獲得でき、情報量が少ないところがリスクが甘受せざるを得ず、利益を得られる顧客を獲得することが難しい。 スモール・ビジネスは、金融機関に対するロイヤルティ、ローン利用の頻度、バンドル・サービスへの選好、ローン申込みの経験/好みなど、企業により大きな違いがある。 金融機関は、これら多数の小口事業ローンの機会から、どのようにして収益を確保できる顧客を見つけ出せばよいのだろう?

本レポートは、アイテ・グループが2016年8月に実施したアンケート調査で取得した、ローン申込みを行ったスモール・ビジネス501社の申請書類の「Personality Profile」欄と、銀行が申請を審査する際に利用している「優良顧客判別のためのPersona」を活用している。 これらのプロファイルには、価格に対する敏感度、バンドル・サービスの選好性、ノンバンク・ローンへの関心などが含まれている。

本インパクト・ノートは、3の図表と14つの計表を含みます(全20ページ)。アイテ・グループのホールセール銀行&ペイメントのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは、 Baker Hill, CRIF, D+H, FIS, Fiserv, Genpact, Jack Henry, LexisNexis Risk Solutions, Linedata, Moody’s, nCino, Nucleus Software, Polaris, Provenir, Sageworks, Salesforce.com, SmartBiz, Wipro, Wolters Kluwerに言及している。