You are here

(日本語抄訳付)Stand-Alone Rebalancing Systems for Independent RIAs

(日本語抄訳付)Stand-Alone Rebalancing Systems for Independent RIAs

リバランシングの自動化ソリューションは、ウェルス・マネジメントにおけるIT革新の柱となっている

Boston, January 31, 2017 – ポートフォリオ・リバランシング・システムは、新機能の追加開発、買収、サードパーティとのパートナーシップなどを通じ、発展を続けている。更に、いくつかのベンダーは、RIAが利用できる取引執行機能を大幅に強化する開発計画を立てている。

リバランシング・システムは、ウェルス・マネジメント業界を抜本的に変革する可能性のある、ロボ・アドバイザーを支えるエンジンとしての役割も担っている。一方、ベンダーは、ソリューションのコモディティ化を防ぎ、新しいビジネス機会を獲得する課題にも直面している。

本レポートは、独立系RIA市場を対象としているリバランシング・ソリューションを概観し、主要ベンダー各社の機能について説明と比較を行う。

本レポートを発刊するにあたっては、北米ウェルス・マネジメント・セクターで活動する以下ベンダー9社の戦略担当者、プロダクトマネージャー、実装担当者やセールスマネジャーを対象にインタビューを行い情報を入手した。-Advisor Software, Blaze Portfolio Systems, BondIT Global, Charles River Development, Envestnet Tamarac, Linedata, Morningstar, RedBlack Software, and TradeWarrior.

本インパクト・ノートは、3つの図表と9つの計表を含みます(全30ページ)。アイテ・グループのウェルス・マネジメント・サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは AssetMark, CGI, Fiserv, FIS SunGard, FolioDynamix, IRESS Market Technology, MyVest, NeoXam, Orion, Pershing, Profiles Software, SEI Investments, SS&C Advent, TD Ameritrade,  Wilshire Funds Managementに言及している。