You are here

(日本語抄訳付)Swap Execution Facilities Review: Q3 2016

(日本語抄訳付)Swap Execution Facilities Review: Q3 2016

第三四半期のスワップ執行ファシリティ(SEF)取引高は順調に推移しており、SEFの合併は更に進むものと思われる。

Boston, November 10, 2016 – SEF市場は活発化しているとも言える。OTCデリバティブは17箇所のSEFで電子的に取引され、精算機関(セントラル・カウンターパーティ)で決済され、スワップ・データ・レポジトリーに報告されている。しかし、市場の行き先が明るいわけではない。この分野は統合が進み市場が縮小しており、SEF専門のスタートアップ企業は一社を残すのみとなってしまった。SEFが17箇所あることについては、多すぎるとの批判もある。SEFは2013年10月にオペレーションを開始以来、存在し続けてきたが、その将来はどうなるのだろう?

SEF市場シェア

出所:FIA、アイテ・グループ

本レポートは、SEF市場シェア、トレーディング・モデル、オペレータとオペレータータイプに焦点を絞り、SEFトレーディングの実態を継続的に観察するための新クオータリー・レポート第一号である。本レポートでは、2016年第3四半期取引データを含めSEFが公表するOTCデリバティブ取引履歴データを活用し、SEFトレーディング環境における市場の方向性を説明する。

本インパクト・レポートは、37つの図表と3つの計表を含む(全37ページ)。アイテ・グループの証券および投資サービスの顧客は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードすることができる。        

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは 360TBGC Partners, Bloomberg, Deutsche BoerseGFI, Gain Capital, ICAP, ICE, CapitalStarMarketAxess, State Street, Thomson Reuters, Tradeweb, Tradition, trueEXTullett Prebonに言及している。