You are here

(日本語抄訳付)Swap Execution Facilities Review: Q4 2016 and 2016 Annual Update

(日本語抄訳付)Swap Execution Facilities Review: Q4 2016 and 2016 Annual Update

米国のSEF利用は、 2016年第4四半期に大幅な増加が見られ、年間で13%増を達成した。

Boston, March 8, 2017 – 米国市場におけるスワップ執行ファシリティ(SEF)は、機能面、効率面からの認知が進んでいるが、既存のビジネス・モデルと共存しており、「SEF活用が大きく前進した」段階には至っていない。

Tullett PrebonはICAPを買収してTP ICAPを設立、2017年初の時点では取引ボリュームの大幅な集中を実現した。3大イベント-「Brexitの具現化」「トランプ政権」「米国の金利上昇」の影響下、2017年、SEFは20%成長を達成するだろうか?

Aite Groupでは、SEFのマーケット・シェア、トレーディング・モデル、事業者とそのタイプなどに関する調査を継続して実施している。 本レポートは、SEF各社が公表した2016年第4四半期のOTCデリバティブ取引データの分析をもとに、その最新動向を報告している。

本インパクト・レポートは、38の図表と3つの計表を含みます(全51ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu) SSuzki@aitegroup.com

電話: +1-617-398-5051

Download table of contents

本レポートでは 360T, Bats Trading, BGC Partners, Bloomberg, CBOE, Deutsche Boerse, GFI, Gain Capital, Hotspot, ICAP, ICE, CapitalStar, MarketAxess, Nex Group, State Street, Thomson Reuters, TP ICAP, Tradeweb, Tradition, trueEX, Tullett Prebonに言及している。