You are here

(日本語抄訳付)U.S. Commercial Healthcare Reimbursements: The Digital Age Is Here

(日本語抄訳付)U.S. Commercial Healthcare Reimbursements: The Digital Age Is Here

ヘルスケアプロバイダ(病院/クリニック)は、払い戻しの電子化を望み、

医療保険会社側も小切手から電子送金/バーチャルカードへの切り替えを進めている。

Boston, August 10, 2016 – 地元の病院やクリニックは、日々の医療行為の中心であり、事務処理の効率化のための、電子トランザクションへの関心が高い。独立系プロバイダの競争力は、最大限に効率的なオペレーション管理である。しかし、よりスムーズなオペレーションのためには、ACHあるいはバーチャルカード、どちらのデジタルペイメントをプロバイダは検討すべきか?

Q..ACH経由EFTとバーチャルカードを比べるとき、以下の項目に基づき、
あなたのビジネスはどちらを好むか評価して下さい。
(2015年、バーチャルカードおよびACH、両方を受け入れた回答者、n=56)

出所:アイテ・グループ

Aite Groupは2016年、中小ヘルスケアビジネス110の組織を対象に電話サーベイを行い、それをもとに、本稿は医療保険の払い戻し動向を模索し、電子ペイメントが満たすであろう収入サイクルニーズについての洞察を説明する。また、本稿は、電子ペイメントベンダーのために、医療保険還付トランザクションの総収入と電子ペイメントを受け入れるコストに医療保険制度改革(いわゆる、‘オバマケア’)が及ぼすインパクトを予想する同一データに基づくレポートとして本稿は第二回目のレポートであるが、第一回レポートにはこのリンクからアクセスできる。

全34ページにわたる「インパクト・ノート」には図表28点と計表5点を掲載する。アイテ・グループの医療保険サービスの顧客は本稿をダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents