You are here

(日本語抄訳付)U.S. Life Insurance: How Consumers Pay Their Bills

(日本語抄訳付)U.S. Life Insurance: How Consumers Pay Their Bills

オンライン決済は、生命保険料支払い総額  の80%を超えてている (2016年)

Boston, April 20, 2017 – 米国の生命保険会社にとって、顧客の保険料支払い手段を、(小切手から)銀行振替やデビット/クレジット・カードによる自動継続支払いへ切り替えることが最優先課題である。現在、生命保険に加入している顧客のニーズは、銀行振込みからモバイル決済まで多様だが、保険会社の多くは、世代別に異なり多岐に渡るニーズに合わせた支払方法を提供できていない。 保険会社は、(1) 決済プロセスを整備し、(2) 使い勝手の良い複数の決済方法を提供、(3) 特定の方法を使用するよう顧客にインセンティブを与えて、(4) 支払い手段を顧客のエンゲージメント強化策の一つとしていく必要がある。こうした手立てを講じなければ、(保険料未着による)失効率は下がらないだろう。

本レポートでは、米国における2016年の生命保険料総支払額を決済方法・手段により区分し、世代別(ミレニアル世代、X世代、ベビーブーム世代、シニア世代)の保険料支払方法(都度払/自動継続払)を明らかにする。本レポートは、2016年第3四半期、2,429人の米国消費者を対象にアイテグループが実施した調査からのデータに基づいている。

本レポートは、28の図表と5つの計表を含みます(全35ページ)。アイテ・グループの生命保険サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents