You are here

(日本語抄訳付)XVA and Risk Transformation: Establishing the Data Fundamentals

(日本語抄訳付)XVA and Risk Transformation: Establishing the Data Fundamentals

データ・ガバナンス・フレームワークの設定は、SA-CCRとFRTB準拠のためのテクノロジー導入と同様に重要である

London, 8 September 2016 – バーゼルIIIのフレームワークに関連した規制により、市場および信用リスク管理のビジネス慣行は大幅な見直しを求められている。トレーディング・ブックの抜本的レビューと、カウンターパーティー信用リスク・エクスポージャーに対するアプローチの標準化である。これら標準には、すべてのタイプの評価調整(XVA)に関連した主要項目と、データ統合ベスト・プラクティスが含まれるが、それらはバーゼルIIIが企業の資本コスト、流動性のリソース、トレジャリーと担保管理慣行にもたらすインパクトとも関連する。オペレーション環境をレビューし、リスク管理と報告機能を支えるテクノロジーとプロセスを評価するだけで、果たして、企業は新規制と市場要件を満たすことができるであろうか?

データソースと検証、およびそのフロー
ソース:アイテ・グループ

本レポートは、企業が自らの変化を迫る圧力に対応するために、どのように現在のテクノロジーとデータ管理インフラストラクチャーを強化していくかを説明する。

本インパクト・レポートは、19の図表と1つの計表を含む(全36ページ)。アイテ・グループの証券および投資、そしてウェルス・マネジメントの顧客は、本レポートをダウンロードすることができる。

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu  SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents