You are here

(証券&投資)Buy-Side EMS Market Update, 2016: Inflection Points

(証券&投資)Buy-Side EMS Market Update, 2016: Inflection Points

2016年バイサイドEMS市場アップデート:主要ベンダーの比較・分析

Boston, May 12, 2016 – 規制と市場の複雑さが、一部のEMS(売買執行管理システム)ベンダーのビジネス拡大を抑制しているばかりか、その市場シェアの維持さえも困難にしている。しかし、一方ではビジネスが安定しているオーダーマネジメント・システム(OMS)ベンダーが基本的な要件を満たすEMSを組み込む手段を見つけている。このような動きが、まさに多くのEMSベンダーが真のマルチアセット・トレーディング・プラットフォームへのアップグレードに苦慮しているタイミングで、スタンドアローンの非統合EMSの生存可能性に疑問を投げかけている。そのため、グローバル規模のマルチアセット電子トレーディングの新時代で成功するために必要な、リソース、能力、耐久力を持っているのは、極一部のベンダーだけであるといえる。

機能要件

出所:アイテ・グループ

本稿では、EMS市場の成長の推進要因となっている重要トレンドを検証し、市場シェアを巡って積極的に競争している主要なベンダーと証券会社を取り上げた。本稿は、アイテ・グループが2015年10月~2016年4月にEMSベンダーの11社を対象に実施したサーベイとプロダクト・デモ、フォローアップ・インタビューをベースにしている。本稿では、Bloomberg、Convergex、Eze Software、Fidessa、Flextrade、Instinet、ITG、Morgan Stanley、Portware、REDI Global Technologies、Tethys、TradingScreen、UBSのEMSを紹介している。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents