You are here

(証券&投資)Corporate Actions Technology Vendors: A Hardy Bunch

(証券&投資)Corporate Actions Technology Vendors: A Hardy Bunch

コーポレートアクション向けベンダー・ソリューションの比較

London, 21 April 2016 –コーポレートアクション・プロセスのサポートは容易ではない。サポートが高リスクで複雑であるため、ベンダーは顧客金融機関の固有の要件に加え、市場全体の変化を絶えずモニターしておかなければならない。実施プロジェクトのリスクは高く、継続的なサポートはコストが嵩む可能性があり、特にロールアウトが複合タイプのイベントやライフサイクルの終盤をカバーする場合にコストが高くなってしまう。しかし、金融機関の高水準の手作業プロセスは、定評ある大手ベンダーと元気のある勇敢な新規参入組にとっての商機を意味している。

ベンダー選定の最重要ポイント

出所:アイテ・グループ

2部構成レポートの第2弾となる本稿では、コーポレートアクションのプロセスとライフサイクルをサポートするベンダー・コミュニティーを評価し、現在と将来的なコーポレートアクション向け支出に光を当てた。また、投資に対する共通したビジネスケースに言及し、市場にあるソリューションを詳細に紹介した。本稿は市場参加者を対象としたサーベイをベースにしている。

第1弾は、2016年3月2日「Corporate Actions Technology Trends: We Need to Talk About Manuel: コーポレートアクション・テクノロジーのトレンド:自動化に向けた動き」を参照。

本稿では、Aim Software、BlackRock、Brokerway、Brown Brothers Harriman (BBH) Infomediary、Dion Global、DTCC、Fidelity Corporate Actions Solutions、FIS、GoldenSource、Intellect Design Arena、Markit、Milestone Group、SmartStream、SS&C、SWIFT、Tata Consultancy Services (TCS)、The Corporate Action Company、Vermeg、Wolters Kluwerを取り上げた。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents