You are here

(証券&投資)Post-Trade Processing Environments: Back-Office Challenges and Successes

(証券&投資)Post-Trade Processing Environments: Back-Office Challenges and Successes

取引後プロセッシング環境:バックオフィスの課題と成功

London, 1 June 2016 – 現在の証券取引後(post-trade)プロセッシング環境は、10年前のものから様変わりしている。フロントオフィスでは、処理の電子化が進み、人員合理化の重要性が増し、取引後市場インフラが進化し、コンプライアンスの負荷が増している。これらを背景に、投資銀行は競争力を維持するために取引ライフサイクル全体での厳しい見直しを強いられていることで、ミドル・ツー・バックオフィスにおけるテクノロジー環境に注目が集まっている。

大手投資銀行のテクノロジー環境

出所:アイテ・グループ

 

本稿では、大手投資銀行の取引後プロセッシング環境と大手投資銀行が直面する課題を検証した。本稿では、2016年Q1(第1四半期)に大手投資銀行の幹部を対象にアイテ・グループが実施したインタビューをベースに、投資銀行のバックオフィス・システムにおける多くのケーススタディーを紹介している。

 

本稿では、Accenture、Broadridge、NRIに言及した。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents