You are here

(証券&投資)Reconciliation Trends in 2016: Regulation and Nervous Recs

(証券&投資)Reconciliation Trends in 2016: Regulation and Nervous Recs

2016年リコンシリエーションのトレンド:全社的な重要性の高まりで予算増

London, 4 February 2016 – 嘗て、リコンシリエーション(照合確認・突合せ)プロセスは、バックオフィスの必要悪と見られていたが、現在の金融機関は規制対応とリスク管理の圧力から部門を横断してデータセットをリコンサイルすることを強いられている。そのため、予算が増額され、関連する投資の意思決定にかかわる利害関係者の範囲が拡大され、多くの金融機関が集中サービス・モデルに移行している。

リコンシリエーションの重要性に対する認識が高まっているにもかかわらず、金融機関が分析、テスト、新しいリコンシリエーション・プロセスを構築するために費やしている期間の平均は、2ヶ月以上にのぼっており、手作業による迂回措置も残ったままである。改善には、一段のIT投資が必要であるが、それも改善分野を特定し、ビジネスケースを構築する、チームの能力にかかっている。

リコンシリエーション部門が直面している主要な圧力

(回答:77人)

出所:アイテ・グループ

本稿では、金融機関の全体的なリコンシリエーション課題、優先順位、この先24ヶ月間の投資計画をベンチマークした。本稿は、アイテ・グループがTier-1とTier-2の多様なグローバル金融機関のリコンシリエーション・プロセスを監督するオペレーション部門とテクノロジー部門の幹部を対象に、2015年に実施したオンライン・サーベイと電話インタビューをベースにしている。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents