You are here

(証券&投資/ウェルスマネジメント)Electronic FX Market Update, 2015: The Race Tightens Up

(証券&投資/ウェルスマネジメント)Electronic FX Market Update, 2015: The Race Tightens Up

電子FX市場アップデート:主要e-FXベニューのサービスとテクノロジー

Boston, May 20, 2015 – 外国為替(FX)市場は進化し、独立したアセットクラスとして認識されることになるが、市場の細分化/分断とダイナミックであることは継続する。2013年以来、ブルームバーグのFXGOとFXallにおける取り扱いボリュームは急増し、同時に多くの新興プレーヤーも軟調なスポットFX市場にも関わらずビジネスを拡大している。既存のプレーヤーと新興のe-FXプレーヤーのボリューム、特徴、イニシアチブはこの市場の何を明らかにしているのだろうか、そしてこれらのベニュー(取引の場)にはどのような変化が待ち受けているのだろうか?​

FXベニューの1日平均ボリューム(ADV) 2006年~2014年

(年間ADV、単位:10億米ドル)

出所:各FXベニュー、アイテ・グループ

本稿では、アイテ・グループの内部ナレッジならびに18のe-FXベニューに対するインタビューをベースに、これらベニューの提供サービス、テクノロジー等を比較・分析している。取り上げた18ベニューは、360T、Bloomberg、CME Group、Currenex、EBS、FastMatch、FXall、FX Connect、FXSpotStream、Hotspot FX、Integral、LMAX Exchange、Molten Markets、Thomson Reuters、Citi Margin FX Trading、FXCM Pro、Gain GTX、Saxo Bank。

 

証券&投資/ウェルスマネジメント・サービストのセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents