ANALYST VIEWS

INSIGHTS

ANALYST VIEWS

Filter By:
E.g., 2021-06-20
E.g., 2021-06-20
May 30, 2021
米国では、個人情報漏洩事件で流出したユーザーIDとパスワードがブラック・マーケットで大量にセット再販されており、犯罪グループはこれらの情報とボットを使って、ログインできるWebサイトを探し出しています。このようなサイバー犯罪への対抗策として、リスク評価モデルの活用が注目されており、アイテ・グループでは、この分野に取組を「Arkose Labs Case Studies: Stopping Fraud by Making Attacks Too Expensive」としてまとめています。 ■ 不正行為にも自動化の波 米国では、個人情報漏洩事件が頻発した結果、サイバー犯罪者は、ブラック・マーケットで多量の個人データ(ユーザー名とパスワードのセットなど)をいつでも大量に入手できる環境にある。これら潤沢な「リソース」を活用するため、犯罪者グループは、ボットを活用して「...
Read Full Post
May 24, 2021
プライベート・マーケット(未上場株式や私募債)のデジタライゼーションを進めるフィンテック企業リアルト・マーケッツの話題です。同社はブロック・チェーン・ベースのデジタル・セキュリティを使った引受け業務と、代替取引所(ATS)プラットフォームを利用する電子取引環境を提供しています。アイテ・グループでは同社の概要を「2020 Impact INnovation Award in Capitl Markets: Rialto Markets」にまとめています。   ■ 成長が予想されるプライベート・マーケット 調査によると、オルタナティブ投資(債券や株式など伝統的投資商品以外のアセット・クラスへの投資)の総額は、2025年には2020年の60%増となるとの試算がある(年率約10%増)。一方、米国の上場株式銘柄数は、合併や非上場化により2000年から40%減少している。...
Read Full Post
May 10, 2021
グローバル規模での貿易がますます盛んになる中、貿易取引に便乗したマネー・ロンダリング(Trade-Based Money Laundering:TBML)が増加する傾向にあり、金融機関/各国の規制当局ともども関心を高めています。アイテ・グループ ではこの分野の動向レポートを 「Trade-Based Money Laundering: Seek, Detect, and Prevent」として発刊していますが、ここではTBMLの概要を解説し、防止策/摘発策の方向性をまとめてみました。   ■ 貿易取引に便乗したマネー・ロンダリング WTCによると、世界の貿易額は2019年19兆ドルとなり、更なる拡大が見込まれている。グローバル化の流れに加わる諸国は増加し、フリートレード・ゾーンを設ける地域も拡大している。ただ、歴史的な経緯から、...
Read Full Post
April 10, 2021
大学生時代に、学生向け信用組合(Credit Union)の運営経験があるメンバーが創業した銀行DXベンチャー:NARMIの話題です。学生時代の銀行運営経験をCX改善とインテグレーションのフレキシビリティ向上に生かしており、今後の事業発展が注目されます。アイテ・グループでも3月に発刊したレポート「Retail Banking & Payments Fintech Spotlight: Q1 2021」で取上げています。 ■ パンデミック下での銀行利用の変化 コロナ・パンデミックによるロックダウンから金融機関の店舗利用が減る一方、オンライン/モバイル・アプリ経由の取引が増加している。アイテ・グループでは、パンデミック前時点でトランザクションの65%程度がオンライン経由だったのが、2021年初現在70%を超えたのではないかと推計している。今後は、Z世代/...
Read Full Post
April 4, 2021
改正個人情報保護法の成立やGDPR(EU一般データ保護規則)施行など、世界各地で個人情報保護に関する法制化が進み、ルールの内容も次第に強化される方向へ向かっています。個人情報を保有している企業では、データ・ガバナンスを強化する必要性が認識しており、この分野のテクノロジー・ソリューション:Privacy Techへの注目が高まっており、3月発刊のレポート「PrivacyTech for Financial Services: An Introduction」でもこの分野の動向をカバーしています。   ■   個人情報保護法の施行 様々な業界の企業が、多くのデータを収集/分析してターゲット・マーケティングを強化したり、カスタマー・サービスを向上させる試みを行っている。一方、世界各国で個人情報保護の強化を目指す立法化が進んでおり、...
Read Full Post
February 28, 2021
日米ともどもビジネスのデジタル・トランスフォーメーション論議が盛んですが、米国の銀行がめざすDXの方向をまとめてみました。 ■ アマゾンのカスタマー・エクスペリエンス アマゾン・ドットコムは、カスタマー・エクスペリエンスにこだわる企業として知られている。同社の社是は「Earth’s most customer-centric company」だが、Webサイトの使い勝手だけでなく、豊富な品揃えや低価格指向、迅速な配達、更にそれらを支えるITインフラや自動化倉庫など様々な施策すべてが、カスタマー・エクスペリエンス向上というベクトルに合致している。 その結果、アマゾンの顧客は、デジタルで提供されるカスタマー・エクスペリエンスに満足し、アマゾンの社員と会ったりコールセンターに連絡した経験がなくとも、アマゾン・ドットコムという企業に信頼感を持ち、それが企業の成長を支えている...
Read Full Post
February 9, 2021
2009年のビットコイン誕生以来、仮想通貨に関する様々な話題が取上げられますが、アイテグループでも、 2020年7月に発行したレポート「Central Bank Digital Currencies: The Next Chapter in Digital Payments?」で、各国の中央銀行が研究している「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」に関する論議をまとめています。ここではレポートの概要を解説しました。   ■ 各国のスタンス 中央銀行が発行するデジタル通貨(Central Bank Digital Concurrency:CBDC)は、2015年にイングランド銀行が重要な研究テーマに掲げたことから注目されるようになった。民間が発行するビットコインなどの仮想通貨と違い、CBDCは中央銀行が紙幣や通貨と同等の価値を保証するデジタル通貨である。...
Read Full Post
January 29, 2021
コロナ・パンデミックに伴う在宅勤務やデジタル庁の新設など、ざまざまな分野でデジタル・トランスフォーメーション(DX)が注目されていますが、米国では、アプリケーション面に加えシステム運用面での見直しも必要との認識が生まれています。アイテグループでは、そのソリューションであるAIを活用したシステム運用ツール:AIOpsの動向を「AIOps in Digital Transformation: Managing Complexity in the Modern IT Stack」としてまとめました。ここではその概要を解説しています。   ■ DXでシステム環境が複雑化 デジタル・トランスフォーメーション(DX)には様々な定義があるが、ここでは「ITを活用してカスタマー・エクスペリエンス(CX)を改善し、競争力を高めること」と考えたい。制度面やビジネス・...
Read Full Post
January 14, 2021
金融機関の様々な分野で人工知能の活用が試みられています。マネー・ロンダリング対策(AML)への応用では、実証実験による効果が確認され、金融当局も不正対策のイノベーションを後押ししていることから本格導入が始まる状況です。昨今発刊したレポート「Key Trends Driving AML Compliance Transfomation in 2021 and Beyond」と「Top 10 Trends in Fraud & AML, 2021: Onward and Upward」から概要をまとめてみました。   ■ マネー・ロンダリング対策(AML)の課題 国連では、マネー・ロンダリング(資金洗浄:麻薬取引など違法行為に関連した海外送金など)の総額は、グローバルで年間2兆ドルに達しているが、把握できるているのは1%しかないと推計している。...
Read Full Post
January 2, 2021
アイテグループでは、毎年年初に金融業界各分野の注目点を「Top10Trendsレポート」として発刊していますが、損害保険と生命保険分野の注目点を「Top 10 Trends in P&C and Life Insurance, 2021: Digital and Data Go to the Next Level」からまとめてみました。   ■ パンデミックの影響 コロナ・パンデミックを受けて、生損保業界のビジネス(個人向け損害保険、企業向け損害保険、生命保険、年金商品)でも様々な影響がある。ただ、保険業界は、以前から新たなテクノロジーやデータ活用した業務革新や使い勝手の向上、効率化、意思決定精度の向上などを進めており、今後はそのスピード・アップが予想される。ここでは、特に注目される取り組みを、デジタライゼーションの視点からとりあげた。 ■...
Read Full Post

HOW CAN WE HELP?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

 

Receive email updates relevant to you. Subscribe to entire practices or to selected topics within practices.