You are here

(日本語抄訳付) DLT Solution Providers in Capital Markets: Blockchain as a Service

(日本語抄訳付) DLT Solution Providers in Capital Markets: Blockchain as a Service

分散台帳技術(DLT)プラットフォームは進化を続けているが、業界全体での導入には、まだ時間がかかるだろう

Boston, March 6, 2018 –2017年、金融業界では、Proof of Concept (PoC)やパイロット・プロジェクトでブロックチェーンに関する様々な実証実験が実施された。 これらが、2018年に本番移行するためには、(1) 大規模なシステム環境でのパフォーマンス向上、(2) データ・セキュリティと機密性の確保、(3) ブロックチェーン・システムとレガシー・システム間のインテグレーション/相互運用性の確保などの面で技術の成熟が必要である。

本レポートは、DLTプラットフォームに関する論議のトレンドを明らかにするとともに、資本市場業界におけるDLTプラットフォームおよびソリューション・プロバイダーを紹介する。本稿は、2017年2月から11月にかけて、グローバルのキャピタル・マーケット企業でブロックチェーン・イノベーションを牽引している経営層20人に対して実施したインタビューから得た情報および関連した公開情報を活用している。本レポートで紹介する企業は、DLTスタートアップ企業6社(Clearmatics、Digital Asset Holdings、EquiChain、Juzix、Paxos、R3)、合弁企業のDLTプロジェクト(Hyperledger project)、DLTベンダー2社(IBM、Synechron)である。

本レポートは、9つの図表と6つの計表を含みます(全40ページ)。アイテ・グループの証券&投資のセグメントをご契約サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、ABN AMRO, Clearmatics, CLS Digital Asset Holdings, DTCC, EquiChain, IBM, Linux Foundation, London Stock Exchange Group, Mizuho Financial Group, Northern Trust, Juzix, Paxos, R3, SBI Securities, SWIFTに言及している。