You are here

(日本語)Financial Institution Investigations: When Fraud Prevention Fails

(日本語)Financial Institution Investigations: When Fraud Prevention Fails

金融機関の不正捜査担当者(Fraud Investigator)は、様々な障害を乗り越え、顕著な成果をあげている。 

Boston, October 8, 2019 – 金融機関各社は、不正防止に関して様々な取り組みを進めているが、不正による損出被害は避けられない。米国の金融機関では、流失した資金を回収するための不正捜査担当者(Fraud Investigator)を雇用している。警察は、金融機関の捜査担当者と協力して犯罪者を逮捕し起訴することができるだろうか。

本レポートは、金融機関の不正捜査担当者(Fraud Investigator)が対応する不正の種類と業務上の課題を解説する。執筆にあたっては、2019年5月1日に開催された2019 Fraud Summit(TIAA主催)に参加した金融機関の不正捜査担当26人に対して調査を実施した。

本インパクトレポートは14の図と2つの表を含みます(全21ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはCustomer XPS, FIS, Fiserv, IBM, Nice Actimize, SASおよびVerafinに言及している。