You are here

(ウェルスマネジメント) SEC-Registered Foreign Investment Advisors: Will the Wealth Managers Please Stand Up?

(ウェルスマネジメント) SEC-Registered Foreign Investment Advisors: Will the Wealth Managers Please Stand Up?

米国の投資家を顧客とする外国籍のRIA(登録投資アドバイザー)が増加している。その拡大傾向は今後も続くだろうか。

Boston, April 2, 2014 – 米SEC(証券取引委員会)がスイスの大手金融機関UBSを告発したこと、ならびに2011年のドッド・フランク法(米金融規制改革法)の施行によってルールが厳格化されたことを受け、米国の投資家を顧客とする外国籍の登録投資アドバイザー(RIA)の多くが、SECに登録しなければならなくなっている。これを受け、スイス、カナダ、英国籍のウェルスマネジャーRIAでは、SECに登録するケースが顕著に増加しているが、現在この傾向はこれら3ヶ国に限られている。これら以外の国のウェルスマネジャーが米国の投資家を顧客にしている場合、どのように米国の規制とルールに対応しているのであろうか?

 

本稿では、SECに登録しているウェルスマネジャーの数、所在地、登録したタイミングという観点から、外国籍の投資アドバイザー市場を検証した。また、投資アドバイザーがSECに提出した書類から収集したデータをベースに、SEC規制に対応していない市場、諸外国に対する米国の精査体制、現行の税制や規制という障害にもかかわらず当市場が持つポテンシャルなどを探った。

 

ウェルスマネジメント・サービストのセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。