You are here

(ホールセール銀行) Emerging Trends in Factoring

(ホールセール銀行) Emerging Trends in Factoring

サプライチェーン・ファイナンスは、ファクタリング業界の脅威ではなく、新たなビジネス・チャンスを提供する可能性がある。

Boston, April 17, 2014 – 受取債権担保金融のひとつのタイプであるファクタリング(債権買取業務)は、中小企業にとって極めて重要な資金ソースである。しかしながら、中小企業は、サプライチェーン・ファイナンス(SCF)のような、ファクタリング以外の資金調達方法にも注目しはじめている。

そのため、SCFがファクタリングからビジネスを奪うとの懸念が広まっているが、一部のファクタリング会社では、SCFとファクタリングは強く結合しているため、、むしろ、SCFがビジネスに寄与するとの見方をしている。ファクタリングとSCFは協働することで、ともにスポットライトを浴びることがきるのだろうか?

 

Q:SCFは、ビジネスを拡大するための機会を提供すると考えますか? (回答数=46)

出所:アイテ・グループ

本稿では、ファクタリングとSCFの発展における非常に重要な相互関係を検証し、SCFに対するファクタリング業界の認識を議論する。

アイテ・グループでは、本稿執筆にあたって2013年6月~9月にかけ、IFG(International Factors Group)と共同で、グローバルに事業を展開するファクタリング会社幹部に対してオンライン・サーベイを実施し、その回答を基にこの洞察と結論をまとめた。

 

ホールセール銀行のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。