You are here

(ホールセール銀行) Monetizing the Small-Business Opportunity

(ホールセール銀行) Monetizing the Small-Business Opportunity

スモールビジネスは、本当にプロダクトとサービスに代価を払うのか?

Boston, January 23, 2014 – 銀行は往々にして、スモールビジネスはプロダクトやサービスには代価を払わないと誤解し、そのため多くの銀行がスモールビジネス顧客を無視してしまう結果につながっている。しかし、スモールビジネスは時間の効率化につながるプロダクトを高く評価しているため、スモールビジネスにプロダクトとサービスを提供するノンバンク・プロバイダーの数が増加中であり、銀行離れのリスクが高まっている。

銀行は離れた顧客を呼び戻し、引き止めるために、オンラインとモバイルの能力、バンドル・プロダクトに注力し、合っていない消費者プロダクトをスモールビジネスに提供することからスモールビジネス・プラットフォームに課金して利益をあげる方向に戦略をシフトしなければならない。

 

銀行サービスに100ドル/月以上を支払っているスモールビジネスの取引先ブレークダウン

(回答数:185)

出所:年間売上げが2,000万ドル以下の米国の企業1,003社を対象にアイテ・グループが2013年9月に実施したアンケート

本稿は、アイテ・グループが2013年9月に年間売上げが2,000万ドル以下の米国企業1,003社を対象に実施したアンケートをベースに、変化するスモールビジネス顧客セグメントのプロファイルを検証し、金融機関が、収益獲得に最大の機会を提供しているビジネスとプロダクトに対する理解を深めることを支援し、スモールビジネス市場で成功するためのステップを推奨する。

ホールセール銀行のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。