You are here

(日本語)Top 10 Trends in Insurance, 2019: The Race Is On

(日本語)Top 10 Trends in Insurance, 2019: The Race Is On

保険会社は、データを活用することで消費者の期待に応えるとともに、契約者と緊密なリレーション構築をめざしている

Boston, January 3, 2019 –  保険会社は、消費者が保険を購入したり、保険金の申請や契約更新などの際、これまでに経験した最も良かったエクスペリエンス(保険か他のサービスかを問わず)との比較で保険会社を評価しているという事実を認識しつつある。 そのため、保険会社は、契約者との間に直接的(チャネルをまたがるコミュニケーションやターゲットを絞った提案など)、間接的(サード・パーティーから購入したデータを活用したパーソナライゼーションの強化など)な手段を通じて、個々に最適なリレーションシップ構築を進めようとしている。

  1. デジタル販売の強化/推進
  2. 新市場のニーズをあわせた商品設計
  3. 生保:エージェントがファイナンシャル・プラニングへの取り組みを本格化
  4. 生保:商品開発機能の強化
  5. 生保:グループ保険戦略の促進
  6. 損保:AI活用の強化
  7. 損保:リスク削減アドバイスを契約者とのリレーション強化に活用
  8. 損保:契約者との直接的なリレーション構築に向かう
  9. ヘルスケア:自己負担費用の分割払が主流に
  10. ファイナンシャル・アドバイザーがHSA(ヘルスケア貯蓄口座)を推進

アイテ・グループのHealth Insurance, Life Insurance, or P&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート(全15ページ)をダウンロードいただけます。

本レポートはLemonade, MetLife, Metromile, Sureify, VitalityおよびWeSavvyに言及しています。